悠久の千曲川が流れる果樹と花きのまち

基本情報

総土地面積 53.64㎢
人口 15730人
農家戸数 367戸
耕地面積 289.62ha
 ・田 121.53ha
 ・畑 168.09ha

気象情報

標高(耕地) 380m~1080m
年間降水量 850mm
積雪深 5cm
年間日照時間 2175.1h
平均気温 12.5℃
最高 36.1℃ 最低 -8.8℃

トピックス

【新規農業者支援事業が始まりました!】

 今年度4月から「新規就農者支援事業」が開始されました。この制度は、概ね65歳未満の経営開始後5年未満の新規就農者(定年帰農者、IUJターン含む)または、新規就農見込みの方を対象とした助成制度で、就農後経営が脆弱な新規就農者の基盤強化を図るため創設されました。(事前に、認定農業者または認定新規就農者の認定が必要です。)
 具体的な助成内容としては、
 ①住居助成
   町内の賃貸住宅に住みながら就農している方、または町外から就農見込みで賃貸住宅に定住予定の方を対象に、賃借料の1/2、月額上限額2万円
  以内を助成します。(町の空き家バンク登録物件の場合は賃借料の1/2、月額上限額3万円を助成)
 ②農機具等購入助成
   営農上必要な農業機械及び施設のうち、購入額が20万円以上の物件に対して、1/3補助、上限額20万円以内で1回に限り助成します。

農業の概況

 千曲川周辺の水稲をはじめ、施設栽培のバラ、トルコギキョウのほか、伝統野菜の「ねずみ大根」、標高差を利用したりんご、ぶどう栽培、標高1,000m地帯の野菜専作地帯など、土地条件を活かしたバラエティのある農業が行われています。
 また、「坂城町ワイナリー形成事業」と称して、ワインぶどうの産地化、6次産業化等も目指しています。

主要栽培品目 作付面積 収穫量 アピールポイント
りんご 79ha 938t  生育期間が長く、昼夜の寒暖差が大きいことに加え、標高差を活かした高品質なりんご栽培が行われています。サンふじ、つがる、秋映、シナノスイート、シナノゴールドなど多様な品種を生産する産地となっています。
ぶどう 83ha 862t  巨峰の一般的な房形の「にぎり房」発祥の地として、古くから巨峰の産地として発展してきました。近年では巨峰のほか、シャインマスカットやナガノパープルなど様々な品種のぶどう供給産地として栽培されています。
バラ 2.3ha 594千本  長野県内の花卉施設栽培の先駆地として発展し、現在も県内随一のバラ産地となっています。また、カーネーション、トルコギキョウなどの栽培も行われています。
水稲 154.75ha 787.1t  千曲川周辺の平坦地帯は水稲単作地帯を形成しており、大規模農家を中心とした受託栽培や自家用水稲の作付が盛んです。
  •  
  •  
  •  

誘致の概況

作物 品目 人数 地区 内容
果樹 りんご ※個別にお問い合わせください。
果樹 ぶどう ※個別にお問い合わせください。
果樹 ワイン用ぶどう ※個別にお問い合わせください。
穀物 水稲 ※個別にお問い合わせください。
花き バラ・トルコギキョウ ※個別にお問い合わせください。

助成制度

カテゴリ 事業名 支援措置
住宅 新規就農者支援事業  概ね65歳未満で農業経営開始後5年以内の方もしくは就農予定の方を対象とするものです。(前提として、認定新規就農者または認定農業者に認定されている必要があります。)
 助成内容は
 ①町内の賃貸住宅にお住まいの場合、賃貸料の1/2、月額上限2万円を助成します。(空き家バンク登録物件については、賃借料の1/2、月額上限3万円を助成します。)
 ②農業機械や農業施設など、1回の購入金額が20万円を超える場合に購入金額の1/3、上限20万円を1回に限り助成します。
農機具・資材 ワイン産地化補助事業  ワイン産地化のため、町内ワイン製造事業に原材料を供給できる方(認定農業者等に位置付けられているなど要件があります。)を対象として、ワイン用ぶどうの苗木購入費用の1/2助成及びワインぶどうの棚等の資材費の1/3助成を行います。(単年度の助成上限額20万円)
 
農地 農地活性化奨励金  農地を3年以上、利用権設定により借り受けた方で、借り受け後の利用権設定面積が1ha以上となる認定農業者または認定新規就農者等に対して、期間に応じて助成します。
 ①3年以上5年未満  10アール当り 1万円(1回限度)
 ②5年以上10年未満 10アール当り 2万円(1回限度)
 ③10年以上  10アール当り3万円(1回限度)
その他 農産物等地域ブランド化事業  地域特産品を活用した加工品の新商品開発や改良、販売促進活動支援など、商品の付加価値化や商品訴求力向上、販路拡大など、地域ブランド育成を図るための助成を行っています。
 ①商品開発・改良  1/2補助 上限額20万円
 ②商品開発のための軽微な設備導入 1/2補助 上限額20万円
 ③販売促進・販路開拓事業 1/2 上限額5万円 
 
農機具・資材 農機具等貸出し制度  営農基盤の脆弱な新規就農者の下支えのため、汎用性の高いトラクターや乗用草刈機などを貸し出しする制度を実施しています。時間当りの使用料はトラクター1,000円、乗用草刈機500円となっています。(実施主体:農業支援センター)

 このほかにも、農作業を支援するアグリサポート事業や制度資金借入れに対する利子助成などもありますので、お問い合わせください。

問合せ先

この市町村・農協の情報にかかわることは下記にお問い合わせください。
 

産業振興課 産業振興係
Tel:0268-82-3111
e-mail:sangyou@town.sakaki.nagano.jp
HP:http://www.town.sakaki.nagano.jp/
担当者名:小河原 秀昭

この地域周辺で就農したい方は下記へお問い合わせください。

長野県長野農業改良普及センター
Tel:026-234-9534
e-mail:nagano-aec@pref.nagano.lg.jp
HP:http://www.pref.nagano.lg.jp/nagano-aec/index.html
担当者名:近藤武晴
平成29年4月から長野農業改良普及センター管内の就農コーディネーターを担当します。管内は果樹栽培が盛んな地域です。
農業が大好きで、将来の方向性をある程度描いていて、農業によって自立をしたい方々をお待ちしています。

具体的なイメージが決まっていない方、就農に興味のある方、就農体験したい方は、下記へお問い合わせください。
なお、日中、担当者不在の場合もあり、すぐに対応できない場合がありますが、ご了承願います。

長野県農業大学校研修部
Tel:0267-22-0214
e-mail:syunou@pref.nagano.lg.jp
HP:http://www.pref.nagano.lg.jp/nogyodai/kenshubu/index.html
担当者名:伊藤秀昭、高橋啓司、中村康志、加科秀喜、町田博美