22年83人の歴史と実績!農業インターン制度の大本山、上伊那

基本情報

総土地面積 1348.28㎢
人口 182653人
農家戸数 5697戸
耕地面積 9345.21ha
 ・田 6870.40ha
 ・畑 2474.81ha

気象情報

標高(耕地) 460m~1200m
年間降水量 1422mm
積雪深
年間日照時間 2100h
平均気温 11.3℃
最高 37℃ 最低 -17℃

農業の概況

日本ど真ん中! 信州・上伊那。西に中央アルプス、東に南アルプスを望み、天竜川と豊かな雪解け水が郷を潤す信州・伊那谷。
気温の日較差・年較差が大きい内陸性気候で、雪は少なく豊富な日照のもと、水田農業を主体にさまざまな野菜や果実など幅広い園芸作物が生産されています。行政と一体となった地域農業振興は上伊那の特徴でもあります。

誘致の概況

作物 品目 人数 地区 内容
野菜 アスパラガス、ブロッコリー、白ネギなど 3名 上伊那全域
果樹 りんご 3名 上伊那全域
花き トルコギキョウ、アルストロメリア 3名 上伊那全域
畜産 酪農・肉牛・養兎 3名 上伊那全域

助成制度

カテゴリ 事業名 支援措置
農地 農地利用集積円滑化事業 地域の事情に詳しいJA担当者が農地の貸し借りを仲介します。
住宅 JA上伊那農業振興生産拡大支援事業 上伊那以外からの新規就農の皆さまには就農後最大2年間、月2万円の住居費支援をご用意。
農機具・資材 農業振興生産・施設拡大支援事業 農業生産拡大に関わる農業用施設・設備・農機・種苗等、JA独自の助成金があります。新規就農の皆さまには助成金の割増もあります。また、中古ハウス移転費用や樹園地・農業用施設の継承に対する金銭的支援もあります。

研修制度

研修制度 概要
JA上伊那農業インターン研修制度 上伊那管内の組合員子弟、Iターン、Uターン者の皆さんを地域農業の担い手として育成するための研修制度。1年~3年の研修期間中はJAの臨時職員として雇用し月13万円を支給(JA・市町村が折半)、身分の安定化を図った上で、先進農家等で農業研修をしていただきます。この研修生は研修終了後、JA正組合員となって地域農業のリーダーをめざして活躍しています。平成8年からこれまでに全国各地からも含めて83名の研修生がこの制度を利用し就農しています。
JA子会社㈱JA菜園での研修 JA上伊那の子会社㈱JA菜園では、伊那市西部地区に広がる広大な畑作地帯のモデル経営と農地の受け皿、さらには農業インターン研修制度と連携した経営継承の仲介や、担い手の育成支援を担っています。
 JA上伊那の基幹品目であるアスパラガス(雨除け)・白ねぎを中心に、ブロッコリー、きゅうり等、野菜の生産に取り組んでいます。29年度は2人の研修生が活躍しています。

問合せ先

この市町村・農協の情報にかかわることは下記にお問い合わせください。

JA上伊那 営農部営農企画課
Tel:0265-72-8833
e-mail:e-kikaku@ina.nn-ja.or.jp
HP:http://www.ja-kamiina.iijan.or.jp/

この地域周辺で就農したい方は下記へお問い合わせください。

長野県上伊那農業改良普及センター
Tel:0265-76-6842
e-mail:kamiina-aec@pref.nagano.lg.jp
HP:http://www.pref.nagano.lg.jp/kamiina-aec/index.html
担当者名:北沢善克
二つのアルプスに挟まれ、天竜川を眺める環境で農業をしませんか。
厳しい時代ですが、農業は、やりがいと生きがいのある仕事です。
来たれ、伊那谷へ、上伊那へ。

具体的なイメージが決まっていない方、就農に興味のある方、就農体験したい方は、下記へお問い合わせください。
なお、日中、担当者不在の場合もあり、すぐに対応できない場合がありますが、ご了承願います。

長野県農業大学校研修部
Tel:0267-22-0214
e-mail:syunou@pref.nagano.lg.jp
HP:http://www.pref.nagano.lg.jp/nogyodai/kenshubu/index.html
担当者名:伊藤秀昭、高橋啓司、中村康志、加科秀喜、町田博美