農地と住宅探しに全力で取り組みます 人があったかいに豊丘村

基本情報

総土地面積 76.85㎢
人口 6966人
農家戸数 519戸
耕地面積 381.73ha
 ・田 131.55ha
 ・畑 250.18ha

気象情報

標高(耕地) 411m~800m
年間降水量 1606mm
積雪深 10cm
年間日照時間 2138.9h
平均気温 12.6℃
最高 36.1℃ 最低 7.9℃

トピックス

・市田柿(干柿)と花木の技術、農地の継承してくださる方を探しております。
・空き家(農家住宅)あります。

農業の概況

 長野県下でも南に位置し、比較的温暖で、日本一と言われる河岸段丘の豊丘村は、米、野菜、りんご、なし、もも、ぶどう、市田柿(干柿)と多品目の作付ができる、恵まれた地にあります。また、野山の恵み、筍(孟宗竹の北限の地)や、香りよい松茸も特産品です。農業経営者のみなさまは、一次産業の担い手だけでなく、自然豊かなこの村の景観を守っていただく方々なので豊丘独自の補助制度、支援金など充実しております。

主要栽培品目 作付面積 収穫量 アピールポイント
りんご 101ha 1,730㌧ りんご団地として造成した農地が、後継者不足などで空いている状況です。豊丘のりんごは夕日を浴びて、寒暖の差があり美味しくなります。
市田柿 (干柿) 68ha 989㌧  JAみなみ信州で最も力を入れている作物です。天竜川の「あさぎり」で渋みが抜け、甘いぽってりした干柿ができます。干して製品にする手間はかかりますが、比較的高収入になる作物です。
54ha 211㌧  竜峡小梅、大梅で梅干しになります。飯田下伊那地域は竜峡小梅の産地で、最近では、安心安全な国産梅の需要の高まりもあり長く作り続けられています。
39ha 863㌧  晩夏より、幸水、豊水、南水と水々しく甘い梨が作られています。
ぶどう 2ha 26㌧  ナガノパープル、シャインマスカットを作られる方が増えてきました。東海方面のお客様をお迎えする観光農園が注目を浴びています。
 いままで使われていた、梨棚を利用してぶどう畑にしています。
水稲 143ha 891㌧ 広くは、天竜川沿いの整備され、水が豊にある一帯で作られています。代掻き、田植え、稲刈りと季節ごとの風景を作り上げてくれます。
野菜 31ha 702㌧ 多品目の野菜が作られています。ねぎ、アスパラ、パプリカ、ズッキーニ、トマト、大根など
  •  
  •  
  •  

誘致の概況

長野県下伊那農業改良普及センター、JAみなみ信州と連携して、就農支援を行います。

作物 品目 人数 地区 内容
果樹 りんご
果樹 市田柿(干柿)
果樹 ぶどう
果樹 さくらんぼ
野菜 トマト、アスパラ

助成制度

カテゴリ 事業名 支援措置
その他 豊丘村新規就農者支援事業 長野県が実施する新規就農支援里親活動の承認を受けた新規就農者に対して、情報の提供、農業経営技術習得の機会の提供、農地の斡旋等の支援を行います。
 ・研修3ヶ月目10万円支給
 ・就農時に20万円支給
 ・住宅支援、借家に家賃補填あり
 ・フレッシュ農業者支援金 研修2年より終了まで月額4万円支給
 ・営農事業支援金 施設、機器、種苗購入費用の1/2を補助(上限30万円)
 ・受け入れ農家(里親)への交付金 20万円
農地 担い手支援事業耕作支援金 農用地利用集積計画に基いて農地を借り受けた者に対して支給。
 (例)10a当たり田、畑1万円 樹園地20万円 
    認定農業者にあっては倍額。遊休地の借受には加算あり。 
住宅 住宅購入支援、空き家借入れ支援 ・定住促進のための住宅用地取得・住宅新築等助成金
・豊丘村空き家情報活用制度を活用して空き家を賃貸・売買された方へ改修費用 の1/2(50万円限度)を助成。
・住宅(耐震診断・太陽光補助)……耐震診断・補強や太陽光発電システム設置 に対する補助
農機具・資材 げんき農業支援事業 3人以上で組織するグループ(柿皮むき機導入には2人以上で可)に対し農機具や農業の活性化を進めるために要する経費に対し補助金を交付。

 新規就農される方のバックアップを村では積極的にしております。
 他に、子育て、生活、農業に関わる支援事業がありますので、豊丘村ホームページをご覧ください。

問合せ先

この市町村・農協の情報にかかわることは下記にお問い合わせください。

豊丘村 産業建設課 農政係
Tel:0265-35-9056
e-mail:nosei@vill.nagano-toyooka.lg.jp
HP:http://www.vill.nagano-toyooka.lg.jp
担当者名:松村
 ご相談におこしの際は事前にご連絡ください。

この地域周辺で就農したい方は下記へお問い合わせください。

長野県南信州農業改良普及センター
Tel:0265-53-0436
e-mail:minami-aec@pref.nagano.lg.jp
HP:http://www.pref.nagano.lg.jp/shimoina-aec/index.html
担当者名:木下恵理
飯田・下伊那地域では、市田柿やりんご、梅、なしなどの果樹をはじめ、トマトやきゅうり、米、ダリアなどが栽培されています。また、山深い地域が多い地形の特性を生かして茶、伝統野菜、柚子など特色ある作物の栽培や、農産加工、グリーンツーリズムなども盛んに行われています。
この地域に根をおろし、職業として農業を選択したいという希望をお持ちのみなさん、まずは就農コーディネーターにご相談ください。

具体的なイメージが決まっていない方、就農に興味のある方、就農体験したい方は、下記へお問い合わせください。
なお、日中、担当者不在の場合もあり、すぐに対応できない場合がありますが、ご了承願います。

長野県農業大学校研修部
Tel:0267-22-0214
e-mail:syunou@pref.nagano.lg.jp
HP:http://www.pref.nagano.lg.jp/nogyodai/kenshubu/index.html
担当者名:伊藤秀昭、高橋啓司、中村康志、加科秀喜、町田博美