南アルプスと伊那山地の雄大な自然に囲まれた秘境

基本情報

総土地面積 248.35㎢
人口 1010人
農家戸数 95戸
耕地面積 197ha
 ・田 57ha
 ・畑 140ha

気象情報

標高(耕地) 670m~1500m
年間降水量 1347mm
積雪深 15cm
年間日照時間 2100h
平均気温 10.5℃
最高 35.8℃ 最低 -12.7℃

トピックス

大鹿村の情報を公開しました。

農業の概況

大鹿村は、東には南アルプス3,000メートル級の山々がそびえ立ち、西は伊那山脈に隔てられた農耕地の少ない典型的な山村です。
広い田畑は少なく、比較的標高が低い場所では水稲、花卉等を。標高が高いところでは野菜類やそば、大豆、花卉等を作付しています。

主要栽培品目 作付面積 収穫量 アピールポイント
水稲 30ha
そば 2ha
大豆 2ha
花卉類 4ha
その他 アスパラガス、きゅうり、ネギ、野沢菜、西洋野菜等
  •  
  •  
  •  

誘致の概況

大鹿村では、当町で農業を始めたい方を対象に随時相談に応じております。
村、営農支援センター、JA、県農業改良普及センターが一体となって就農者をサポートします。

作物 品目 人数 地区 内容
野菜 アスパラ、夏秋いちご、きゅうり、じゃが芋 全村
果樹 ブルーベリー、銀杏、野生桃種子※おはつ桃 全村 おはつ桃は大鹿村が原産の品種です。
花き アマランサス(花用)、南天 全村 アマランサス(花用)は大鹿村が原産の品種です。※色は赤と緑があり、長く垂れているのが特徴。
穀物 そば、中尾早生大豆、こきび 全村
穀物 花豆 標高が高い地域

助成制度

カテゴリ 事業名 支援措置
農機具・資材 鳥獣被害防止施設設置補助 農作物の耕作地であれば補助対象となります。
(※過去5年間に助成を受けた施設の修繕は補助対象外)
補助率は8/10以内、爆音機等の威嚇機は上限2万円となります。
役場産業建設課にて申請書をお渡ししています。設置前にご相談ください。
その他 6次産業化支援補助金 農業者や事業者の皆さんが連携しながら、大鹿村農産物の価値を高め、消費者に提供する6次産業化の取り組みを支援します。
対象者:農業者、事業者
条件、要件:6次産業化に取り組もうとする法人等
補助額、対象経費:
 外部加工委託 ・・・補助率2/3、補助限度額 5万円
 推進法人等支援・・・補助率2/3、補助限度額10万円
 加工施設導入 ・・・補助率2/3、補助限度額10万円
住宅 空き家改修事業 村の空き家情報に登録された空き家に入居された方の住宅費用を補助します。
対象者:定住者であって、空き家所有者等の3親等以内の親族でない者
条件 :対象となる工事費が20万円以上
    ①台所、浴室等の改修
    ②内装、屋根、外壁等の改修
補助率:5/10、補助限度額50万円
※事前に申請が必要です。
 補助金受領後、5年未満に転出・転居等の理由により居住しなくなったときは、補助金を返還していただきます。

研修制度

研修制度 概要
長野県新規就農里親研修制度 里親農業者の元で専門研修を行います。

問合せ先

この市町村・農協の情報にかかわることは下記にお問い合わせください。

大鹿村役場 産業建設課 農林振興係
Tel:0265-39-2001
e-mail:norin@vill.ooshika.lg.jp
HP:http://www.vill.ooshika.nagano.jp/2019/11/15/ennou/

この地域周辺で就農したい方は下記へお問い合わせください。

長野県南信州農業改良普及センター
Tel:0265-53-0436
e-mail:minami-aec@pref.nagano.lg.jp
HP:http://www.pref.nagano.lg.jp/shimoina-aec/index.html
担当者名:木下恵理
飯田・下伊那地域では、市田柿やりんご、梅、なしなどの果樹をはじめ、トマトやきゅうり、米、ダリアなどが栽培されています。また、山深い地域が多い地形の特性を生かして茶、伝統野菜、柚子など特色ある作物の栽培や、農産加工、グリーンツーリズムなども盛んに行われています。
この地域に根をおろし、職業として農業を選択したいという希望をお持ちのみなさん、まずは就農コーディネーターにご相談ください。

具体的なイメージが決まっていない方、就農に興味のある方、就農体験したい方は、下記へお問い合わせください。
なお、日中、担当者不在の場合もあり、すぐに対応できない場合がありますが、ご了承願います。

長野県農業大学校研修部
Tel:0267-22-0214
e-mail:syunou@pref.nagano.lg.jp
HP:http://www.pref.nagano.lg.jp/nogyodai/kenshubu/index.html
担当者名:伊藤秀昭、高橋啓司、加科秀喜、出澤文武、小笠原理世