就農関連情報

富士見町

富士見町

本気で農業経営を行う方を支援します。

富士見町の概況

富士見町は八ヶ岳の南麓に位置し、夏季の冷涼な気候を活かした高原野菜と花きの栽培が盛んな地域です。また首都圏へは2時間、名古屋圏へは2時間30分と都市圏へのアクセスが良いのも特徴です。

基本情報

総土地面積 144.79km2 耕地面積(田 / 畑) 2,008.00ha( / )
人口 14,229人 農家戸数 922戸

気象情報

標高(耕地) 700m~12,000m 年間日照時間 2,236.0H
年間降水量 1,252.5mm 積雪深
平均気温(最高 / 最低) 10.5℃(34.0℃ / -9.8℃)

主要栽培品目

カーネーション
生産量と品質では県下トップレベル。冷涼な気候を生かして栽培されたカーネーションは色鮮やかなのが特徴です。フラワーアレンジメントや花束など年間を通して需要があります。 数量 51,216箱(2022年度 JA出荷)
お盆・お彼岸に欠かせない花で、富士見町は黄色を中心とした夏秋期の産地となっています。鮮明な発色と花持ちの良さがとても好況で市場からの期待が高い農産物となっています。 数量 14,976箱(2022年度 JA出荷)
キャベツ
富士見町は6月下旬から11月上旬まで出荷されます。夏場の冷涼な気候で栽培されるキャベツは葉が柔らかく、甘みが強いのが特徴です。 数量 62,229箱(2022年度 JA出荷)
レタス類
昼夜の寒暖差を活かした高原のレタスは、みずみずしく高い評価を得ています。暑さに弱いレタスの夏場の産地として、日本全国に出荷されています。 数量 43,919箱(2022年度 JA出荷)

先輩就農者のご紹介

諏訪エリアで就農し、現在農業を営む方をご紹介します。

お問い合わせ・ご相談

富士見町の農業について

富士見町 産業課 営農推進係
  • TEL0266-62-9328
  • E-mailsangyou@town.fujimi.lg.jp

富士見町やその周辺地域での就農について

長野県諏訪農業農村支援センター

標高の高い諏訪地域では、夏季冷涼な気象条件を活かして、野菜や花きの栽培が盛んです。首都圏や中京圏へのアクセスも良く、夏秋期の出荷を主体とした産地となっています。
地域の主な新規就農者向けの作目・特産品としては、パセリ、ブロッコリー、トマト、きゅうり等の野菜、キク、カーネーション、トルコギキョウ等の花き類が挙げられます。諏訪地域での就農を目指したい方のご相談をお待ちしております。

就農に興味のある方、就農体験をご希望の方

長野県農業大学校研修部
  • TEL0267-22-0214
  • E-mailsyunou@pref.nagano.lg.jp
  • URLhttps://www.pref.nagano.lg.jp/nogyodai/kenshubu
  • 担当桜井敏宏、佐々木深雪、今井博一、雫田幸和、山口啓二
    ※担当者不在の場合もあり、すぐに対応できない場合があります。ご了承願います。

就農関連情報

  • 北信エリア
  • 長野エリア
  • 上田エリア
  • 佐久エリア
  • 北アルプスエリア
  • 松本エリア
  • 木曽エリア
  • 諏訪エリア
  • 上伊那エリア
  • 南信州エリア

※エリア名をクリックしてください

EVENT

エリア別イベント情報

イベント検索

  • NAGANO農業女子STYLE
  • 信州就農Web相談会