就農関連情報

安曇野市

安曇野市

自然を愛し、水と緑の薫るまち 安曇野市

安曇野市の概況

安曇野市は西側に3,000メートル級の高峰連なる北アルプスを背景にして、東側には田園風景が広がります。四季の変化に富んだ環境が多様な農産物を育んでおり、特に北アルプスの清冽な水で育てられたお米は県下1位の出荷量を誇ります。また、三郷地域に広がる果樹園地帯で生産された安曇野りんご、アルプスの伏流水を利用したわさびも全国的に有名です。野菜類では、玉ねぎ、トマト、アスパラ、スイートコーン、セルリー、夏秋イチゴなど、その他にも花き、畜産、多岐にわたり生産されています。

基本情報

総土地面積 331.78km2 耕地面積(田 / 畑) 6,930.00ha(5,420.00ha / 1,510.00ha)
人口 98,425人 農家戸数 5,916戸

気象情報

標高(耕地) 530m~600mm 年間日照時間 1,950.0H
年間降水量 1,074.0mm 積雪深 35.0cm
平均気温(最高 / 最低) 11.2℃(37.6℃ / -12.8℃)

主要栽培品目

水稲
長野県の一等米比率は全国トップクラスです。その中でも安曇野市は、県内最大の収穫量を誇る米どころです。
  • 作付面積3230ha
  • 収穫量21000t
りんご
主な種類は、『つがる』『シナノスイート』『シナノゴールド』『秋映』『ふじ』です。安曇野市のりんごは、りんごの中に蜜がたっぷり含まれたさわやかな甘さが特徴的で、最高級の品質を誇ります。
  • 作付面積435ha
  • 収穫量11100t
玉ねぎ
主に安曇野市豊科・堀金地域で盛んに栽培されています。安曇野産の玉ねぎは甘くて美味しく、毎年開催される「玉ねぎ祭り」には大勢のリピーターがいらっしゃいます。
  • 作付面積32ha
  • 収穫量1200t
わさび
日本一の生産量を誇る安曇野市のわさびは、豊富な湧水を利用したわさび畑で栽培されています。わさびの花は、「市の花」となっています。
  • 作付面積50ha
  • 収穫量582t
夏秋イチゴ
安曇野で栽培されている夏秋イチゴは酸味が強く、ケーキ等に使用され、業務用として重宝されています。狭い面積で収穫量をあげられるため、近年はりんごと並び新規就農者から人気の作物です。

誘致・助成制度・研修制度

助成制度

  • 新規就農者住宅

    研修中または就農直後のIターン就農者に向けて、住居を支援します。
    空室が生じたときのみ入居の募集をします(現在は3棟すべて入居しています)。
    ○入居期間 5年以内
    ○家  賃 1ヶ月15,000円(令和元年度現在)
    (安曇野市事業)

    カテゴリー:住宅
  • 住居費助成

    研修中または就農直後のIターン就農者に向けて、住居費を支援します。
    ○主な条件 市内の賃貸住宅居住者で、市内就農後5年以内まはた3年以内に市内へ就農する研修者
    ○助成期間 3年以内
    ○金  額 10,000円/月(家賃20,000円以上の物件に限る)

    カテゴリー:住宅

先輩就農者のご紹介

松本エリアで就農し、現在農業を営む方をご紹介します。

お問い合わせ・ご相談

安曇野市の農業について

安曇野市農政課集落支援担当

就農について何かご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。(相談にお越しいただく際は、事前にご連絡ください)。

安曇野市やその周辺地域での就農について

長野県松本農業農村支援センター

松本地域では水稲、果樹、野菜、花き、畜産と様々な農畜産物が生産されています。松本城や上高地、安曇野をはじめとする観光資源にも恵まれ、魅力ある地域です。
皆さんの夢をお聞きし、ともに実現に向けて考えていきたいと思ますので、この松本地域で就農をお考えの方はお気軽にご相談ください。

就農に興味のある方、就農体験をご希望の方

長野県農業大学校研修部
  • TEL0267-22-0214
  • E-mailsyunou@pref.nagano.lg.jp
  • URLhttps://www.pref.nagano.lg.jp/nogyodai/kenshubu
  • 担当竹内敦夫、出澤文武、市川一喜、小笠原理世、雫田幸和
    ※担当者不在の場合もあり、すぐに対応できない場合があります。ご了承願います。

就農関連情報

  • 北信エリア
  • 長野エリア
  • 上田エリア
  • 佐久エリア
  • 北アルプスエリア
  • 松本エリア
  • 木曽エリア
  • 諏訪エリア
  • 上伊那エリア
  • 南信州エリア

※エリア名をクリックしてください

EVENT

エリア別イベント情報

イベント検索

NAGANO農業女子STYLE