先輩就農者インタビュー

「やってみて考えよう!」 いつも前向きにいちご栽培
御子柴怜美さん

塩尻市

「やってみて考えよう!」 いつも前向きにいちご栽培

漠然と「農業をやってみたいなぁ」と思い、八ヶ岳山麓の農業大学校に入学したのが農業との出会いでした。卒業後は東御市の農業法人に就職。
その後、農業大学校の後輩晃生さんと結婚し、彼の実家の土地を借りて、いちご農家として新規就農しました。

結婚と就農の同時スタートを心配する声もありましたが、「やらない前から心配するより、やってみて考える方がいい」というのが怜美さんのモットー。
融資や補助金なども工夫し、乗り越えてきました。
冬いちごは人気があり、生産量の半分は直売で、その他はケーキ屋さんからの注文やJAの直売所などですべて売り切れてしまうほど。
「もっと技術を向上させ、収量を増やしたい」と、将来にも前向きです。

PROFILE

御子柴怜美(みこしば さとみ)さん

東京都出身。八ヶ岳農業実践大学校を卒業後、農業法人に就職し、3年前にいちご専業農家として就農、手拭いをトレードマークに仕事にいそしむ。栽培した章姫、紅ほっぺを「かめいちサン」のネーミングで販売中。一児の母でもある。

EVENT

エリア別イベント情報

イベント検索

NAGANO農業女子STYLE